2014年 お花のエッセンスで感情を味方にしましょう!


by cledehappy

ウォーターバイオレットな人達

b0286247_9121676.jpg


38種類のバッチフラワーの性格特性の中で、ウォーターバイオレットは最もミステリアスな感じがします。又、自分にも、クライアントさんにも、ちょっと見つけづらい状態です。

多分これは、個々の花の指標はプラス面とマイナス面があり、マイナスの状態から選んでいくのですが、ウォーターバイオレットはプラスとマイナスの状態が一緒に出ていることが多いからだと思います。

また、怒りや悲しみなどの、わかりやすいマイナス感情の状態と混じると、そちらが前面に出て孤独感を感じるといったウォーターバイオレットの状態は、目立たなくなるのです。

ウォーターバイオレットのプラスの状態は、独立心があって控えめで、他人に干渉はしないが、相談されれば愛情と賢明さをもってこたえる、といった「癒し系」の存在で、優れた教師やヒーラーといった方に多く見られます。

いつもは人を助ける立場の人が一時的にバランスを崩した時に、自分の殻に閉じこもらないで、他者とエネルギー交換できるようになるためのレメディなのです。

ウォーターバイオレットは水生植物で、水のきれいな池、流れのゆっくりした川、沼地などを好みます。どこでも生息できるたくましい花ではないようです。清らかな水のゆったりした流れは、まさにこのタイプの人達の聖域と言えます。

また、ウォーターバイオレットは、15~25℃くらいの低水温を好み、水温が高くなると溶けて消えてしまいます。ウォーターバイオレットのタイプの人達も暑苦しいベタベタとした交流が苦手で、そのために心を開いて打ち解けあうことがしばしば難しくなるという特徴があり、まさに植物の性向と符号しています。

年々多くなっているいわゆる「引きこもり」ですが、最近ではいわゆる病的なものではなくても「引きこもり」的なライフスタイルを送っている方が多いように思います。若者だけでなく、感受性が強くて内向的な人達には、現代の騒々しい世の中の刺激を消化するためにエネルギーを使うより、ひとりでいることを好む傾向があるようです。

そのことが別に異常だとも思えませんが、ヒーラーの場合と同じように、長期にわたって閉じこもってしまうと自分だけではエネルギーの補給が難しくなります。すべての引きこもりの人が皆ウォーターバイオレットタイプではないにせよ、一時的にも必要としている人が多いようです。

ペットの場合は、圧倒的に犬より猫に多いのですが、何か問題があっても、あまり騒がず静かにしています。身体に触ったり、なでられるのを嫌がったりする時に使います。
[PR]
by cledehappy | 2013-01-28 07:36 | バッチフラワーの指標