2014年 お花のエッセンスで感情を味方にしましょう!


by cledehappy

肝臓とアグリモニー

b0286247_1161139.jpg

アグリモニーは、たとえ何か辛いことや心配事があっても、外見的には陽気で、何も問題がないよう見せかけてしまう人達のためのレメディです。

このタイプの人は、繊細な神経の持ち主で、周囲の不調和がたいへんなストレスになります。そのため、他者には親切で社交的であり、いつも明るく元気でいなければ、と自動的に振舞ってしまうのです

長い時間をひとりで過ごすことは、抑圧された不安感が顔を出し始めるので、得意ではありません。テレビやゲーム、なにかしら気を紛らわせるモノが必要になります。

この傾向が強くなると、アルコールや薬物、買い物依存症などの中毒症状にまで発展するのです。

感情的にネガティブな状態になることを避けようとして、自分の中にある良い面だけを見たがり、悪い(と、感じている)面には蓋をしている状態なのです。

薬草としてのアグリモニーは、カモミール、ヨモギ、ニガヨモギ、セントーリー、ミントととに、不純なものを汗として排出する作用があり、古代から肝臓疾患に使われてました。

肝臓はアルコールや薬物の副作用を「解毒」する器官ですが、心の中に溜め込んで、出せなかったネガティブな感情は、身体にとっても猛毒となるのです。

肝臓はまた、怒りの感情と直結している臓器ですが、怒ることを極度に嫌うのもアグリモニーのタイプの特徴です。たしかに「怒り」は、破壊をともなうやっかいな感情ですが、反面、硬直化していた状況に、気づきをもたらすきっかけになったり、心理的も物理的にも、新たな建設をする燃料となるものなのです。

バラ科の多年草で、日陰を嫌う明るい黄色い花ですが、その種子散布は動物達に依存しています。花が散ったあと残るカギ状の棘が、動物の毛に引っかかることにより、果実が運ばれるのです。

インパチェンスが自力で繁殖可能で、このタイプの人達が、ストレスが高まるとひとりでいたがるのとは対照的ですが、アグリモニーの人達は、本来、人間が好きで、奉仕したがる善良な性向なのです。

アグリモニーのエッセンスは、内面の不安感を自然なかたちで出すことができるように促し、ネガティブな感情を認めつつも、すみやかにポジティブに変換し、本来持っている明るさ、楽天主義、判断力をもたらす働きがあるのです。

バッチ博士の症例では、肉体的に重病な患者にはアグリモニーが使われることが多いのですが、からだの痛みや病気のつらさを我慢していること自体が、アグリモニーのマイナス状態と捉えていたようで、ペットでも、歯槽膿漏など、肉体的に痛みや苦痛がある状態の時に使って、良い結果が出ました。
[PR]
by cledehappy | 2013-10-30 17:36 | バッチフラワーの指標