2014年 お花のエッセンスで感情を味方にしましょう!


by cledehappy

フラワーエッセンスの製造方法

b0286247_1440235.jpg
2005年初夏 イギリス、マウント・バーノンにあるバッチセンターの庭にて

すっかり寒くなりましたが、八王子の我が家の庭に季節はずれのバラが咲いてました。
そのバラを小さなコップに生けておいたら、我が家のドラ猫ちゃんが、そのコップをひっくり返して、中の水を飲みたがるのです。

これは、今にはじまったことではなくて、何故か市販の買った花ではなくて、庭先で咲いた花の水がお好みのようです。

花のバイブレーションが水に転写される、というのがフラワーエッセンスの製造の基本ですから、まあ納得の猫の行動?

そもそもバッチ博士が、フラワーエッセンスの力に気づいたのは、その朝露を実際に飲んだことによります。そして、同じ効果を得るエッセンスの製造法として太陽法煮沸法を編み出しました。

太陽法は、透明のガラスのボウルに250ccのミネラルウォーターを入れ、太陽のあたる場所に置き、花に直接手を触れないようにして花を浮かべます。
午前9時から正午まで、そのまま太陽にあてて、手で触れないように花をとりのぞきます。

煮沸法の場合は、やはり午前9時前には花を摘む場所に行き、ホーローかステンレスの鍋に、花と枝、そしてかきまぜるための長めの枝を入れて、持ち帰り、その鍋に1リットルのミネラルウォーターを加え、火にかけ沸騰させ、30分煮沸します。

その間、長い枝を使って花を押さえ、水の中につけるようにするのが肝心です。その後、鍋にふたをして野外で1時間ほど冷まし、花と枝をとりのぞきます。

こうして出来た水(エッセンス)に、同量のブランデーを混ぜてマザーエッセンス(母液)が作られるのです。

ストックレベルの市販のバッチフラワーレメディは、30mlのブランデーに、このマザーエッセンスを2滴加えたものです。日本では、10ml入りで市販されてますので、2滴の3分の1量になります。

さらに、これを、バッチ博士が治療の際使っていた、ドースレベル(服用レベル)にする場合は、30mlの水に各ストックレベル(市販品)のエッセンスを2滴ずつ加えます。

フラワーエッセンスは、ホメオパシーとは違って希釈率が高いほど効果が高いわけではありませんが、反対に、濃いほど効果があるわけでもありません。

水を媒体にして、そのエッセンス独特のバイブレーションが広がるですから、量は問題ではないのです。

薄まることの効用とフラワーエッセンスの作り方

http://ran2324.blog.fc2.com/blog-entry-69.html
[PR]
by cledehappy | 2013-12-12 10:47 | バッチフラワーの使い方