2014年 お花のエッセンスで感情を味方にしましょう!


by cledehappy

新鮮な毎日のための角 ホームビーム

b0286247_13485442.jpg

長野の知人の方が撮った最近の富士山・・・マゼンタからオレンジの新鮮な色合いの雲海富士だわ~と、思って見ていたら、ナント手前の雲は「雪」とのことで、二重に新鮮な驚きでした。

ホームビームは、頭ばかりを使い、心理的に疲れている人達が、毎日を新鮮な気持ちで過ごすためのレメディです。何となくやる気がでない、月曜の朝は気が重い、頭がスッキリしない・・といった疲労感です。

さほど頭脳労働をしているつもりでなくても、私達は日々、いろいろな事を考えているわけで、気がつかないうちに、頭の疲れが溜まってたりします。

慢性疲労症候群は、長期(6ヶ月以上)にわたる原因不明の疲労感を訴える現代病ですが、身体の疲れとともに、思考的疲労感を訴える人が大多数です。

ホームビームの疲労感は、仕事も余暇も、決まりきったパターンで半ば義務のようにこなすようになると訪れます。物質的なことに強く影響されて、消費に走り、創造的な意欲が失われている状態です。

子育てや家事も、やらなければならない、という義務感にかられると、さほど身体を動かしてなくても、ひどく疲れたように感じるものです。

面白いことに、こういった疲労感は、固定観念を捨てて、ふだんやらないことにチャレンジしたり、新鮮な驚きがあると、たちどころに消えてしまうのです。

hornは角、 beamは木を意味し、木の角のようなもの、というのが名前の由来なのですが、角とは、牛やバッファローなどの動物にとって、頭蓋の一部が成長したものであり、

角とは、自らを主張する力の表現 すなわち、テリトリーの獲得と保持、繁殖のためのエネルギーとして役に立ってます。

ヨーロッパにおける、バイオダイナミックス農法の農民は、ヤギや牛などが角を落とすと、「どこか勘が悪くなり、眠そうにみえ」、角とは、からだの奥底からの衝動を受けとり、意識に近づける「コンデンサー」または増幅器として働く、と考えているそうです。

それゆえ、鬼やシャーマン、または、モーゼやアレクサンダーのような、生まれながらの闘志や意志を持つ者は、頭に角を生やして表現されます。「ちびまる子ちゃん」の「ガミガミお母さん」の角も、同じなのかも知れませんね~

身体と頭をつなげる「木の角」であるホームビームの花のエネルギーには、新鮮なシャワーのように頭をすっきりさせる働きがあります。

何となく朝が動けない、エンジンがかかるのが遅い、というのもホームビームの状態です。冬の朝、寒くて中々身体が動かないような状態なのです。

寒くても、動きはじめると身体が温まるように、ホームビーンの状態の人も、ひとたびエンジンがかかれば、生き生きと活動できるようになり、このレメディは、そのための起爆剤のような働きをするのです。

ペットでは、室内飼いで、高齢や病気で、あまり外に出ないようになると陥る状態です。健康上の問題があっても、なくても、朝方より夕方の方が元気になるようなら使ってみて下さい。ホームビームは又、弱った植物を元気にさせるレメディでもあります。
[PR]
by cledehappy | 2014-01-20 15:43 | バッチフラワーの指標